ニコン NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

  1. HOME >
  2. レンズ >
  3. ズームレンズ >

ニコン NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

ニコン NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

画像引用元 : カメラのキタムラhttps://shop.kitamura.jp/ec/pd/4960759904256

 

製品名 NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
メーカー / ブランド ニコン / NIKKOR
種類 交換用ズームレンズ [Zマウント]
焦点距離 24mm - 50mm/td>
対応フォーマット FXフォーマット(フルサイズ用)
フォーカスタイプ AF [オートフォーカス]
発売日 2020年8月28日発売
メーカー小売希望価格 ¥58,300- 税込(実勢価格 ¥47,520- 税込〜)
製品仕様
レンズ構成 10群11枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚)
最短撮影距離 撮像面から0.35m(ズーム全域)
最大撮影倍率 約 0.17倍
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
最大絞り f/4(焦点距離24mm)、f/6.3(焦点距離50mm)
最小絞り f/22(焦点距離24mm)、f/36(焦点距離50mm)
アタッチメント(フィルター)サイズ 52mm
寸法 約73.5mm(最大径)×51mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで、沈胴時)
質量 約195g
その他
付属品 • レンズキャップ52mm LC-52B(スプリング式)
• 裏ぶた LF-N1

レンズ概要

Zマウントだからこそ両立できた高い光学性能と優れた携行性の気軽に持ち歩ける標準ズームレンズ

大口径、ショートフランジバックを採用したZ マウントシステムによる高い光学性能と軽量コンパクトで気軽に持ち歩ける標準ズームレンズ。

広角から標準までの版養成の高いズーム範囲で、多くのシーンに対応し、活用の場も拡がります。

絞り開放から画像全域で高い解像感を発揮し、Zマウントだからこそ実現できた後部レンズの大型化により、周辺光量も確保している。

高画質と携行性を両立した使いやすい標準ズームレンズである。

レンズファームウェア

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3用ファームウェア
最新バージョン:Ver.1.01(公開日:2021/06/29)

ダウンロードページ:

https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/download/fw/411.html

レンズ解像力チャート

ニコン NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 解像力チャート

画像引用元 : https://asobinet.com/review-nikkor-z-24-50mm-f-4-6-3-chart/

解説引用元 : https://asobinet.com/review-nikkor-z-24-50mm-f-4-6-3-chart/

この解像力チャートで測定できる限界値がおよそ「4800」。高解像なマクロレンズや単焦点レンズで4500~4800の数値を出すことがあります。このレンズは単焦点レンズほどの解像性能を発揮する訳ではありませんが、絞り開放から良像と呼べる数値(2500~3000)を遥かに上回る結果を出しています。

24mm - 特に四隅までのパフォーマンスが均質であり、小型軽量な広角24mmの結果としては素晴らしいポイント。絞っても性能はほぼ変わりませんが、ピークは概ねF5.6からF11にかけて。

29mm - おそらくこのレンズにおけるスウィートスポットと呼べる焦点距離。絞り開放からフレーム全域で「4000」前後となる非常に良好な性能を発揮。この時点でパフォーマンスはピークであり、絞っても改善することはありません。性能はフレーム全域で均質であり、ケチのつけようが無いテスト結果です。

35mm - 中央から周辺部は28mmと同様、非常に良好な性能を発揮。特に中央は解像力チャートの解像限界に近い数値に到達しています。
比較して四隅はやや出遅れ、F8まで絞ると周辺部に近い水準まで向上します。とは言え、中央から周辺部が非常に良好と言うだけで、四隅も良好な結果に違いありません。

40mm - 35mmと同じく中央・周辺部は非常に良好な結果を維持。標準ズームと言えば、中間域から望遠域にかけてパフォーマンスが低下するものですが、このレンズでそのような結果は見られません。
敢えて言えば四隅のパフォーマンスが低下しているものの、それでも絞り開放から良好な結果と言うことが出来ます。やはりF8まで絞ると大きく改善し、フレーム全域で均質な性能を得ることが出来ます。

50mm - 35~40mmと比べると僅かに性能が低下するものの、恐らく視認できないようなパフォーマンスの低下に抑えられています。標準ズームの望遠端としては立派な性能と言えるでしょう。光学倍率を低く抑えた結果なのかもしれません。拍手喝采。
50mmの四隅はこのレンズで最もパフォーマンスが低下するポイント。とは言ったものの絞り開放から「3000」を超える立派な数値であり、特に弱点と呼べるほどの性能低下ではありません。十分良好な画質です。

非S-LineレンズながらS-Line顔負けの解像力です。
非常にシャープな描写が期待できます。

開放F値が高めですが、解像力だけでみれば素晴らしい結果だと思います。

レンズレビュー

引用元記事:https://www.ephotozine.com/article/nikon-nikkor-z-28-75mm-f-2-8-lens-review-35887/verdict

少なくとも近距離の解像力テストで特に大きな弱点は存在せず、ズームレンジ全域・絞り値全域、そしてフレーム全域で非常に良好なパフォーマンスを期待できるレンズであると判明しました。S-Lineのレンズである「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」と比べて引けを取らず、特に広角ー準広角域は四隅までの安定感でより優れた性能を発揮します。
あくまでも近距離における解像力テストの結果であり、これだけで24-50mm F4-6.3をおススメすることは出来ませんが、私の予想を上回る結果だったのは確かであり、今後実施予定の別カテゴリでも優れた結果を期待できそうな好スタートになったと感じています。
小型軽量かつ沈胴機構を採用しながら、優れた光学性能を発揮するレンズの光学設計者に拍手喝采。

開放F値は高めですが、低価格でコンパクトな標準ズームレンズとして申し分のないレンズではないでしょうか。

Z5のキットレンズとしても採用されていますので、このレンズを基準として2本目のレンズを思案するのも楽しそうですね。

非常にコンパクトなレンズですので、スナップ撮影で活躍してくれそうです。

 

レンズ作例 - NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

Nikon(ニコン) NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 実写レビュー | フォトヨドバシ
Nikon NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 - フォトヨドバシ

photo.yodobashi.com

NIKON(ニコン)のレンズ NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 で撮影した写真(画像)一覧- 写真共有サイト:PHOTOHITO
NIKON(ニコン)のレンズ NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 で撮影した写真(画像)一覧

photohito.com

Nikon Nikkor Z 24-50mm F4-6.3 sample gallery: Digital Photography Review
Nikon NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 Sample gallery: Digital Photography Review

www.dpreview.com

 

ニコン公式YouTube

Nikon Z 5 First Impressions: with Architecture, Urban & Landscape Photographer Ben Moore│Nikon Europe
Nikon Europe

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 : YouTube

Nikon Z のFX高機動スナップシューター!NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 超小型ズームレンズを最新ボディ Nikon Z 6II で京都街歩きお写んぽ試してみた

NikonZ5 | Z 24-50mm f/4-6.3 1か月使用レビュー ~良かった点、イマイチな点をぶっちゃけてお話します~

Nikon Z 24-50mm f /4-6.3レンズレビューとサンプル

 

受賞一覧

 

-ズームレンズ, レンズ
-, , , , , , , , , , ,